ひらひらたなびくのぼりはお店の案内人

お店とのぼりに関して

ひらひらたなびくのぼりはお店の案内人になりうるか、

ひらひらたなびくのぼりはお店の案内人

繁華街、裏通り、表通り、ショッピン街、どこを、通っても色彩はちがっても、のぼりのおおいいこと。

とおりに面した、店はべつとしても、商店街では、乱立しすぎて、インパクトが感じられない。

のぼりだけでは、お店の宣伝、案内人には、なりにくいのではなかろうか。

そこで、提案。

呼び込みという手もありだと思うのですが、招き猫のおいでおいでではありませんが、のぼりキングの、ひらひらのおいでおいでのぼりは、いかがでしょうか。

パタパタ、でなく、あくまで、念をこめた、やさしくひらひらです。

もちろん、商品の品揃え、レイアウト、店員さんの姿勢、接客、つかず、はなれずの姿勢といった心配りが一番だいじだということは、いうまでもありませんが、お店ののぼりに関しては、ひらひらのぼり、いかがでしょうか。

お店の雰囲気に共鳴した、お客様は、次回からは、ひらひらのぼりが、たちまち、視界にはいり、リピーターさんになってくれること、間違いなしだと思うのですが、お店の姿勢、店員さんのこころ配り、気遣いが、ひらひらのぼりです。

商品がなかなか、うれにくいなか、こういったこころくばりか゛一番、もとめられているのではないかと思うのですが、みなさまは、いかが思われるでしょうか。

そういった思いが、お店の反映につながるのではないかと思うのですが、皆様はどう思われますでしょうか。

お店とのぼりに関して Copyright (C) nexwarecorp.com. All Rights Reserved.