お店での宣伝効果としてののぼり

お店とのぼりに関して

宣伝材料としてののぼりが、お店にとってどのような宣伝効果があるのかについて

お店での宣伝効果としてののぼり

路面店のようなお店にとって、内外部における宣伝材料として、看板、のぼり、POPなどが上げられる。

この中でのぼりとはどのような宣伝効果があるのか考察してみた。

看板は、そこになんのお店があるのかの意思表示が可能であり、その種類も豊富で、単に文字書きだけのものから、電飾を施したものまでいろいろな種類がある。

また、その形状もニーズに合わせて色々な形や内容が可能ではあるが、より高い宣伝効果を期待するためには目立たせる事が必要で、それには電力を伴うものが多い。

その看板を補足する役割としてPOPやのぼりを併用することにより宣伝効果がより高く望める。

しかしながら、看板やPOPに関しては常設している場合が多く、お店が開いているのか休みなのかが判り辛い。

そこで、のぼりを常設せず、開店時のみ掲げる事により、通行者に対し現在営業中であることを告知することができる。

また、のぼりの場合、風になびかせることにより動きが出て、周りの通行人等に対し、より高い関心を集めることができ、電気などの動力を必要としないことで、エコにもつながるものである。

よって、お店にとってのぼりは、お店の内容を告知するばかりでなく、営業時間のみに掲げる事で営業中の告知もできる宣伝材料であるといえる。

お店とのぼりに関して Copyright (C) nexwarecorp.com. All Rights Reserved.