「お店」の「のぼり」のあり方について

お店とのぼりに関して

お店の「のぼり」は、ほどよくアピールするぐらいがよいでしょう。

「お店」の「のぼり」のあり方について

お店の「のぼり」は、ほどよくアピールするぐらいがよいでしょう。

主張しすぎる「のぼり」は逆効果です。

そのお店を求めている人には気づいてもらわないといけないのですが、求めていない人にもアピールしすぎてしまうと却って不快感を与えてしまいます。

「幸福の黄色いハンカチ」はずっと掲示していたら違和感がでてきます。

お店の周りの環境に溶け込みましょう。

周りが住宅街だったらのぼりを出すのは洗濯物を干す感覚と同じと考えてもよいかもしれません。

派手派手しい色や絵はちょっと恥ずかしいからやめときますが、ちょっとくらい目立ってもよいと思います。

洗濯物は風に吹かれて「洗濯してますよ」と小さな声で話しかけてくれますが、「のぼり」も同じように風になびいて「お店してますよ」と主張してくれます。

うちの店は、通りから引っ込んだところに入口があります。

通りをただ歩いていただけではお店に気づいていただけません。

そこで店の前の通りに面したところにのぼりを掲げています。

店の「のぼり」は、赤紫の地にロゴの絵と店名が白抜きで描いています。

地味かもしれませんが、それでも遠くから歩いてくるお客様は、「のぼり」に気づいてくれます。

「のぼり」がないときは店が休みだと思っていただけます。

そんな感じでよいと思っています。

お店とのぼりに関して Copyright (C) nexwarecorp.com. All Rights Reserved.